長い目で考えて

コメントするカテゴリー: ブログ

 

午後から日没まで半日かけて玉葱畑の草取り。

今回はすこし丁寧にやっておこう。

 070508_1849_3

そういえば、最近大分草を抜き取るようになったなぁ、と思う。

以前は罪悪感のようなものもあった気がするが・・・

自然農といっても「草をなるべく抜かないように」なんていうマニュアルはない。というかマニュアルがないのが自然農なんだけど。

  

昨日正しかったことが今日には正しくなくなったりする、そんな風なことが川口さんの本に書いてあったと思う。

それを最近実感として分かるようになった。

今まで”友達”だと言っていた草も今日はせっせと引き抜き、枯らすのだ。

明らかに抜いたほうがいい状況も実は結構ある、と感じる。

そして思う。マニュアルなしのこの農業は、自分の感性を信用して、思いつきだけで生きているような僕にはピッタリだ。

・・・・ 

続けていきたいいつまでも、と今までだって思っていたけど、やはり刹那的だったと思う。それがまた楽しかったのだけど・・・

いくら特殊な職業だとはいえ、農繁期になれば毎日14、5時間働いたり・・ 4年ぐらいそんなこと続けてきて考える。

8時~5時、昼はちゃんと1時間休む、10時、3時は息入れる。実働7.5h、冬場バイトでやっている植木職人のそんなリズムは心地よかったな。

よく頭を使い、段取りよくてきぱき進めて7,5h、それでこの農業を成り立たせることは不可能なのかな。長い目で考えればそういう風に持っていかなきゃいけないんじゃないかな。

もし可能性がないのなら転職考えたほうがいいんじゃないかな。

身体持たないし、だいいち家族がたまったものではないと思うし。

出来るかな。

あ、いや転職を考えている、というブログではないですよ。

年のせいかな、ふと思ったのです。徒然なるままに書いてます。 

 

青く晴れ渡る空

コメントするカテゴリー: ブログ

 

Img_4163_2  

 

 

 

 

 

浅間山の雪も解けたようだ。

爽やかな五月晴れ、今はもう5時といえば太陽が顔を出し始める。僕は今日山の中でそれを見た。

行ってしまった前言撤回の山菜採り。頭から消えなかったコシアブラ。

Img_4161  

 

 

 

 

 

やっぱりベストタイミング。

パッパと採って切り上げれば7時には帰ってこれるじゃん。出荷の日の早朝、人数分+αぐらいは採ってこよう、そうしよう。

身体がうずうずしていた。お金の為の乱獲は苦しいけど、喜んでくれる人を思い浮かべての山菜採りなら楽しいや。

特に都市部に住む人をこの山菜というやつはなんて魅了するのだろう。僕だって元々そっちだったからよく分かるのだ。

僕の野菜にまだこんな力は宿らない。

先月「山菜中心に・・」と注文くれたのにほとんど送れなかったUさん、この場を借りて、ごめんなさい。

今度は多分お送りします。(どうやら僕の辞書に”絶対”はないらしい)

 

今日も人との出会いが素敵だった。

その人はとなりの畑のおばさん。

前々から「おしゃれなつくり方ねえ」とか「おもしろいわ」とか言ってくれて、この辺の人とはボキャブラリーが異質だし"ただものではない”と思っていた。

今日ゆっくりお話・・・ 元々こっちの農家で生まれ育ったが、東京に出て調理師、自分の店まで構えて、2年前、訳あって帰郷・・ やはりただものではない・・ん?そうだ!「あのぉ 野菜レシピ伝授願います」 「わたしは感覚だけで作るのよ、素材を生かしてね。わたしの店は信州の野菜使ってたの、たとえばニラ、ねえニラ作ってる?」 「ええ・・でもまだ小さいですけど」 「信州のニラってそうなの!ちいさいの!でも味と香りが違うのよ。ねぇどうやって食べれば美味しいか、教えてあげようか」 「あっ ぜひ」 「あのねぇ、採ったらそのまま醤油に漬けてどんぶり飯に乗っけるだけ、たまらないわよ。」

想像しただけでよだれが出そう。

「青ばつ(青大豆)ある?」 「少しだけ残ってますが、」 「あれにたっぷり水吸わせたら(水につけて)かたくりまぶして揚げるのよ」

これは酒のつまみにいいかも。

「こんなのでよければいくらでもおしえるわよ」

きたきたきたぁ!視界良好、一気に僕も五月晴れ!

早速ニラ丼試そうと思っていたのに見えなくなるまで畑にいたから採れず、かわりにノビルご飯にしてみたけど

Img_4166  

 

 

 

 

  

これはいまいちでした。 

 

草取り→雨→植え付け

コメントするカテゴリー: ブログ

 

待ちに待った恵みの雨だ。

もう10日間降らず、作物がなかなか育ってくれなかった。

そのかわり草もあまり育っていない。ならばこの機に作物にアドバンテージを与えよう、ヨーイドンではとても適わないのだから、 と考え朝から草取り三昧。人参や葉物、幼い芽を守らなくては。 さあ一区切りついた、これで雨さえ降れば・・ と思っていたらポツポツ来て、間もなくザーザー降りに。ニコニコしながら家に帰って昨日いただいた手作りパンと、採りたてアスパラの豪華ランチ。

そうこうしているうちに雨が上がったので、ラッキーラッキーと畑に飛び出し、湿った土に枝豆と青じそを植えつけた。 

雨は僅かな時間だったが、畑の表情には活力がみなぎってきた感じ。作業も滞ることがなく理想的な降り方。

この仕事、時々こういうご褒美があるのが嬉しいなぁ。 

Img_4153  

 

 

 

 雨上がり枝豆の植え付け 

 

再会

コメントするカテゴリー: ブログ

 

ゴールデンウィークの渋滞の中、千葉からDさん御一家が遊びに来てくれた。12月以来、2度目。

大変でしたね。来るのに5時間、帰りはもっとかかったかもしれない・・・。

何のおもてなしも出来ず、でも12月の時と違ってお天気で、青空よし、山々の眺めよし、山桜満開、自然がもてなしてくれた、感謝。畑では野菜より生い茂った草ばかりが目立つ・・・ でもミミズがたくさんいるでしょう。

Img_4138

 

 

 

 

 

 

山へ椎茸採りに行った。ガーン!少ない。・・で、でもカエルがいたり楽しかったね。 

Img_4144 

 

 

 

 

 

畑で網焼き。干からびた椎茸も おいしい、おいしい、と食べていただきありがとうございます。

健康な赤ちゃんの誕生願っています。

いつかまた来てください。車ぎゅうぎゅう詰めですね。大変ですので泊りがけで。

 

夜、賑やかな御家族と、カミさんと娘、いなくなり、寂しくなった。

さあ、又明日から日常。やさいや草や虫たちと、淡々と、黙々と、時々、ブツブツと・・・。 

 

サラダの季節

コメントするカテゴリー: ブログ

 

少しづつ間引きながらかぶや小松菜やほうれん草を最近は生サラダで食べています。

からだがサラダを求める季節になりました。

 

ごま油&醤油、オリーブオイル&塩、等シンプルなドレッシングをかけて食べます。

今日サラダほうれん草にかけたドレッシングは

味噌を酒で溶いてごま油を少し加えたもの。 

結構うまかった。ナッツか何かあればさらによかったかな。 

 

Img_4132

  

 

 

 

 

 

高い授業料

コメントするカテゴリー: ブログ

 

草の中で競り勝ってたくましく育ったニンニク、生育のピークを向かえた。

茎が2センチを超える立派な株ばかりだ。アブラムシもあまりついていない。たくさんのてんとう虫が抑止してくれたかな。

ざっと草刈りを数回しただけ、無施肥。

それでここまで育った。

Img_4128   

 

 

 

 

 

でも安心するのはまだ早い。あまり収穫できなかった昨年もここまでは良かった。

これから急速に肥大するニンニクの玉。だが同時にこの生命の活力は衰えていく。葉茎は他の草の勢いに凌駕され、アブラムシにあっという間に食いつくされてしまう、玉が肥大するより先に。もうてんとう虫はなすすべがない。立派に育った分何よりのご馳走だ。

弱った生命は他の生命の糧になる。そうして巡って共栄共存。

 

だからここから先は自然に任せとくわけにはいかない。これはニンニクの栽培なのだ。

さてと、あとはオレに任せておけ!株周りの草を丁寧に刈った。

去年の経験から学んだ。

 

自然には有無を言わせぬ厳しさがある。は

霜にやられたのはトウモロコシだけではなかった。

霜害を恐れて標高の低い畑に植え付けたズッキーニも、植えだした約50本全滅。

Img_4131_2  

 

 

 

 

 

・・・・

でもこの厳しさに合う度に何故か気分が スッキリする。

 

自然農は難しい。

授業料はとてつもなく高い。

でも魅力がある。

自然界の門を叩き、受け入れてもらい、やがてその中を自由に歩けて、でも人間の構築してきた社会からも離れることなく・・・ 目の前のハードルも高い。

そこを超えていきたい。 成長したい。 

 

遅霜!

コメントするカテゴリー: ブログ

 

去年と同じ日。 

来るだろうと分かっていたけど、植えてしまった。

でも安全策ではなく色々試して、失敗もして、自分の引き出しが増えればそれでいいと思っている。

昨日植えたブロッコリー、大丈夫。黒もちトウモロコシは7割が霜焼け(草で覆っておいたものは大丈夫だった)。

Img_4125  

 

 

 

 

 

しょうがない。

さあ蒔き直し、植えなおし、・・それとも復活するのかな。 

 

トマト鉢上げ

コメントするカテゴリー: ブログ

 

だいじなだいじな自家採種トマト、鉢上げまでたどり着いた。

Img_4119

 

 

 

 

 

 

1月以上もかかってようやく発芽したばかりのものまですべて移植。これで少しは安心。よっぽどへましなければこれが植えつけ本数になる。240本ほど。去年よりー100本。

700も蒔いたのに随分減ったなぁ、という気もするけど、去年の採種は全然自信なかったから、まあよしとしよう。

あまり多くても収穫仕切れなくて困るし・・・。

何なら挿し芽で増やせばいいや。

今年もよろしく。 

 

おやすみ

コメントするカテゴリー: ブログ

 

4月27日。今頃例年なら山菜採りに行くだろう。ゴールデンウイークに人が押し寄せる前に先取りするのだ。かれこれ6年間、これを携えて出かけた。Img_4118      

 

 

 

 

 

”ゴールドスティック”金の杖、今年は休んでてね。

 

長さといい引っ掛け枝の角度といいタラノメを採るのに申し分なかった。

引っ掛けて引き寄せて片手でパキッ 

あそこの山は今頃だなぁ、あっちは来週がピークだろう、・・・と頭をよぎった。等高図面は脳にインプットされているし、緻密にメモをつけていたので、いつ、何が採れるかかなり正確に判断できる。

でも今年は行かない。

採りだすとなかなかきりがつかない、1日に13キロのタラノメを採ったこともある。800~900個ぐらいだろうか。まさに金の杖!「生活のため」と乱獲!! ・・・といっても鉈や鋸で切り落としたり、2番芽採って木を弱らせるようなことはしなかったから罪悪感があるわけではない。

 

野菜がおろそかになるから行かない。

春はエネルギーに満ちている。3月から4月に直播した葉物野菜が、これから成長期を向かえる雑草たちに囲まれる中、芽を出している。

今が肝心だ。ここでやらないと草の海に飲み込まれてしまう。草の管理、そして間引きも。

春の葉物はあまりうまくいったことがない。

今までおろそかにしていたこともしっかりやろう。といっても1日は24時間しかないのだけど・・・。

 

米もやらない、山菜採りもいかない、さぞかしはかどるのでは、ということは全然なくて、集中すれば余計にやることが次々と増えるから不思議。アクセルを緩める暇は全くない。

でも自分の中に1本の柱が生まれたような感じが少ししている。

僕も成長期だ。 

  

満開 霜対策

コメントするカテゴリー: ブログ

 

寒冷地の遅い春もようやく最高潮。

Img_4087

 

 

 

 

 

 

今日の桜は100点満点です。

辺りを見渡してもいろんなものが急に成長して来ました。

畑の周りの野草もセリ、クレソン、ノビル、ヨモギ(天婦羅にするといける)など食べ頃を迎えています。

山にある椎茸、タラノメ、山ミツバ、畑でもナバナとワケギ、小松菜やほうれん草、水菜などは間引き菜が食べ頃です。

もう1つはウドです。これは畑の栽培ものです。

Img_4090  

 

明日は発送日です。霜対策に土をかけておきました。天婦羅で最高にうまい芽の部分も霜に遭わせたら台無しです。

 

遅霜が本当にくるかもしれない。夕方風が止まり夕焼けが深紅に染まっていった。 

 

開拓+

コメントするカテゴリー: ブログ

 

4反8畝(1440坪)の耕作放棄畑を開拓している。

大分見晴らせるようになった。30本ぐらいは木を倒したかな。

もうちょっと、とりあえず全面積、伐採しておこう。

Img_4084  

 

 

 

 

 

今年は1反ほど多分オクラなどを作付けしてみようと思う。以前遊休地開拓(木の伐採、藪払い)→不耕起オクラでうまくいった。

Okuradaiオクラは直根性で吸肥力が強いといわれていて不耕起に合っているかも知れない。

この写真(2005年)の再現を期待しよう。 

今年こそオクラたくさん食べたい、届けたい!

 

さて、ここからは昨日の続き・・何ももったいぶるようなたいした話しでもないが、昨日は久々にいいお酒を開けて飲みすぎてしまった。

何故自給の基本、お米作りをやらないか・・・

・・・要するに僕の自然農は自給より経済活動の比重が明らかに大きいということ。

今は野菜の栽培をしっかりやりたい。マイナスになりそうなことはしたくない。

忙しい時期も重なるし、毎日の水管理も負担だし。

といってもお米は毎日食べるものだから、買って食べる。でもそれがベターだと今は思うのだ。

又そのうちに必ずやりたいけど、何年後だろう・・・。

  

 感激しました。こんなに美味しいなんて・・・ 

 やさいから元気をいっぱいもらいました・・・

こんなメールが極々まれに届いていたりするとほんとに嬉しくて、それを大きなモチベーションにして毎日農作業に明け暮れている僕の、野菜にかける気持ちは真剣なのだ。

 

しっかり軌道に乗せたい。借金が出来るように・・・ 

今までは日々をのんきに暮らせればそれでよかった。これからだってそうだ、でも何かが変わった。

「土地を返してくれ」の1件から少しいろいろなことを考えるようになってしまった。

開拓中の土地も「借地代しっかり払いますから長く(本当は一生と言いたかったが)使わせてください」と言った。地主さん「いいよ」と返事していたけど保障はない。いつか気が変わるかもしれない。状況が変わったりすれば・・・ そんなことまで考えてもしょうがないんだけど・・・。

グロー オールド ウィズ ミー (いっしょに年を重ねていこうぜ)と心の中で歌いかけ、年々地道に使いやすく改良もしているつもりの僕の作業。でも地主さんは「綺麗に使ってくれている」とは間違っても思わない。

この地にどっしりと腰を据えてやりたい。

自分の農地と"終の棲家"を手にしたい。

"不惑”40歳を前にしてイメージは固まっている。

あとは実行のみ、強く願えばきっと適うはず、・・・ここらで止めときます。 

 

グリーンカレー

コメントするカテゴリー: ブログ

 

人参の葉の粉末ですが、カレーに混ぜ込んだらとても美味しくなりました。

まだ残っていますか?

残っていたら試してみてください。

肉料理やパスタ、チャーハンに、と書き添えてお送りしました。パン作りにも、と書いたこともありましたが、パン作りなどしたこともないのに植木等でした。(無責任でした。)

グリーンカレー最高でした。そして思いました。

人参はセリ科なのでセリとよく似ています。今旬のセリを細かく刻んでカレーに入れたらうまいですよ、きっと。

セリは来週の旬のセットに入ります。

  

    190408_2025_2 豪華ディナー・・・

 グリーンカレーに菜の花のせて 

 肉厚ジャンボ 原木しいたけ焼き

   (フライパンに油を少量引いてぶつ切りした椎茸を乗せる

   焼き始めに塩をまわしかけ、中火で焼く

   椎茸から滲み出た水分がなくなり薄く焼き目がついたらできあがり

    熱いうちに食べる)

  食パン

  越乃寒梅

 

椎茸が採れ始めました。越乃寒梅はトーゼン頂き物です。

豪華ディナーというには食パン1枚がちょっとわびしいでしょうか?今日は1人です。

カミさんは娘と実家に帰っています。

貧乏生活に耐えかねて・・ ではなく時々ひょこっと入る劇団の仕事を兼ねてです。

それでほろ酔い加減でブログの更新なんぞ出来ています。

 

今年は籾の種蒔きしません。(米作りしません。)

あ、そういえば自然農の言葉では種蒔きじゃなくて「種降ろし」といいますね。思い出しました。

そのほうが作業の所作からしてもぴったりします。これからは種蒔きじゃなくて「種降ろし」といってみます。

昨年も黒米だけでした。今年こそうるち米も、と最近まで迷っていましたが決めました。田んぼはサトイモ畑にします。

理由については又後日。

 

草引きロボット

コメントするカテゴリー: ブログ

 

 枝豆がそろりそろりと顔出すも草の成長ずっと早くて

雨に濡れることなく育苗ハウス内で徹底的に草を引き抜いた。育苗用培土は去年の温床土だけど、確かに去年の育苗後いろんなのに覆われていたっけ。

180408_1608_2  

くさそだててるんじゃないっちゅうの! とか言いながら、でも始めると結構楽しい。

この場合草は目の敵だ。友達?ダメだね。狭いポットの限られた栄養と水分の中で共存なんて出来るものか。

 

すごい数の草だ。何も考えることはない。ひたすら抜く。ロボットになったつもりで1本1本引き抜く。おじさんは単調な作業も実は全然苦にならない。工場勤めもボクサーの頃しばらくやっていた。

 

午後には雨もほぼ上がり、今度は畑の草取り。こちらは友達、かな?玉葱、ほうれん草、人参、青梗菜・・・1通りざっとやって、

さて葱の苗床、これも完璧にやりたい。発芽したばかりの弱々しい芽葱はややもするとあっという間に草の中に消えてしまう。又ロボットにもどって引く。たったの1本でも草をいやがっていた亡義父が頭に浮かんだ。

180408_1812  

 

 

 

 

夕暮れ迫り手元暗くなり結局最後が"やっつけ"になってしまったあたり"らしい"と言えなくもないか。 

 

 

桜咲く

コメントするカテゴリー: ブログ

 

畑横の桜、朝はまだ1部咲きぐらいだったのに今日1日でほぼ満開です。

160408_1817sakura  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気候が良く、身体もよく動いて、1日中動いても腰の痛みは出ないし、気分も明るくなる。

今年は不安だらけのスタートだったけど、何とかやっていけそう、というか僕の方も満開宣言!出ました。

明日からもパワー全開でいきます。 

 

天敵

コメントするカテゴリー: ブログ

 

草の中のニンニク

Img_4081  

 

 

 

 

 

風通しを考えて少し株の周りだけ草取りをことにした。

アブラムシに壊滅状態状態にされた昨年のようになっては困る。

アブラムシの天敵、ナナホシテントウムシの住処を荒らさないように最低限の草刈り。 

Img_4080 

 

 

 

 

 

種芋

コメントするカテゴリー: ブログ

 

芽を伸ばすチビイモ連。

Img_4075

 

 

 

 

 

 

我が家の定番「カリカリボール」(皮付きのまま上げる)にしようか迷ったが、種芋にしてみた。

果たして・・・ 

 

宝の山

コメントするカテゴリー: ブログ

 

じゃがいもづくりの試行錯誤。

最初は穴をぼこぼこ掘って蒔きつけるだけだった。

去年は穴を大きめにして宿根草の根を取り除いた。

でも覆土が問題、種芋の上で草を育てているみたいになる。草の根に蓋をされて発芽しにくい。

草を1つ1つ取り除いて覆土、というのもかなり手間がかかる。

結局去年のやり方で始めてから閃いた。「腐葉土があった!」

確か山に落ち葉を積み上げておいたはず。

中の方を探ってみるといい腐葉土になっていた。最高級広葉樹の腐葉土。

Img_4068  

 

 

 

 

 

これを袋に詰め込んで、又畑へ向かう。

穴をぼこぼこ空ける。種芋を置いていく。腐葉土を乗せていく。

これでいこう。

これなら手早く出来る。早い早い。あっという間に今日の予定の30キロ分蒔きつけて、又山へもどって山作り。

落ち葉の山。来年使う腐葉土になる宝の山。

そう思うと胸躍る。

胸躍るといえば、原木椎茸、うようよ出始めた。今週これから続きそうな雨と高温で一気か。

タラノメはあと2週間。

山は憩いのフィールド。

Img_4073  

 

 

  

 

 

旬の野草

コメントするカテゴリー: ブログ

 

甘みがあって好評な野草「ノカンゾウ」は丈が伸びてしまい、旬はあっという間に過ぎ去りました(写真)。

Img_4062  

 

 

 

 

 

食べられないと言うこともないですが、もう採らないでおきます。

 

かわりに「セリ」と「クレソン」が昨日のセットに入りました。

昨夜は少し冷えたので、我が家では採りたてのセリと豆腐の鍋にしました。

「ノビル」の旬はもう少し球が大きくなってから入れてみます。

野草や山菜が人間の口に合うのはほんの一瞬です。

常に変化している自然の時間の中で生きていることを感じる季節です。 

 

いいぞトマト

コメントするカテゴリー: ブログ

 

自家採種トマトの発芽率20パーセント

Img_4054  

 

 

 

 

 

でもいいんですよ。100パーセント発芽して700本も育ってしまったら困っていました。管理できっこないです。

そこんところちゃんと調整してくれたのでしょうか。 

えらい!

 

とうたち

コメントするカテゴリー: ブログ

 

ついにとう(花芽)が立ってきてしまった。

Img_4050  

 

 

 

 

 

ついこの間までは甘い甘い冬越しほうれん草、今や苦くて食べることが出来ない。

昨日発送のセットにはとうたちしていないものを選んで入れました。僅かです。食べ収めです。

ほうれん草、3月初めに蒔いたものが採れだす今月末ごろまでお休み。

また味も変わってきます。

Img_4047  

 

こちらは白菜のとうたち。

この花蕾はそのまま食べてもうまい。

お浸し、和え物、刻んで菜の花ご飯もおいしい。

 

熊は冬眠から覚めると真っ先に蕗の薹を食べるらしい。ほろ苦い春の味が心身を活性化させてくれます。

季節感を楽しみながら味わってみてください。