戻った日常

コメントするカテゴリー: ブログ

惨劇を目の当たりにして

数日は凍りついたようだった鶏が

リラックスした姿を見せてくれるようになり

ホッと一息で年を越せます

 

そして今日は寒冷紗で覆っていた大根を総浚いして今年の仕事納め

畑作業もどうにかホッと一息です

 

さて、終わってしまえば1年あっという間でした

ブログ見てくださった方

ありがとうございました

良いおとしを

 

 

 

 

 

食欲で生きる

コメントするカテゴリー: ブログ

 

カラスの急襲だな・・・

畑に行くと寒さにあたって甘味たっぷりのキャベツがいくつもかじられていた

ああ、生き物って食欲で生きているんだな、となんかすっと腑に落ちた

昨夜巷で美味しいチキンや野菜のディナーが食されたことでしょう

カラスだって当然美味しいものが食べたい

だからまあ

憎しみは消えた

 

Ⅹデーは突然に

コメントするカテゴリー: ブログ

カラスの急襲だな

今朝なんとなく狙われているような気はしたが

時間に追われ対処なしに出かけてしまった

 

文字通り首の皮一枚つながった状態の屍

あごの下あたりを僕の服の袖口に乗せるのが大好きだったプク

よく着てた服を首の周りに巻き

今日は一緒に寝る

 

生きているものにはいつか死が訪れる

わかっていたことだけど

怖かっただろうな

どんなに痛みもがき苦しんだか

飛び散った羽の山が物語ってた

 

プクを思えば

いつか僕を待ってる死にざまが

どんなものでも平気

 

 

 

幸福をかき集める

コメントするカテゴリー: ブログ

柿はそんな縁起ものなのだと、植木の親方から教わったのは

もう10何年か前

それから毎年干し柿をつくるようになりました

そして定期便購入の方全員に1年最後の発送でお届けしています

 

 

その頃植えた木に今ではけっこう実が生ります

数年前から干し柿のほかに柿酢もつくるようになりました

発酵過程の柿ワインでほろ酔いです

柿関連で

幸福気分はたしかに何度も味わっています

 

 

 

穏やか

コメントするカテゴリー: ブログ

大手術成功

コロが退院

まだ歩けないが

いずれ1,5mの止まり木に上がれるまでの回復を目指す

 

ずっと大人しくしてて

可愛くて・・・院内のアイドルになっていたらしい

総出の見送りを受ける

 

そうかぁ

よかったよかった

環境の急変でストレス抱えて・・・なんてことも心配したが

 

確かにコロは6羽の中で1番穏やか

そしてマイペース

きっとメンタルが強いんだろうと思う

1番修羅場をくぐってきたからだろうか

見習いたいが、オレなんか足元にも及ばないな

 

 

 

今日の浅間山は

いつ噴き上がってもおかしくないマグマが

内在しているとはとても思えない穏やかさ

 

穏やかであること

それは

平和、健康

あらゆる幸せの礎

かな

 

 

 

 

 

前向きにケイセイを

コメントするカテゴリー: ブログ

コロを連れて近くの動物病院へ

大腿骨骨折らしい

かなり酷い状態とのこと

 

難しい手術になる、うちではできない、どうします?

1動けない状態のまま食事を与え世話を続ける、か

2安楽死、か

3隣町に多分手術をしてもらえる病院があるからそこへ問い合わせる、か、費用はかかるが・・・

もちろん3を選択する

 

車を走らせながら思いだしていた、我が家にきて2年7か月の間に2度死にかけている

その他に小さなケガを何度もしている

なんでいつもアンタなの・・・と声が出る

怪我ばかりするのはオレと同じ性質だなぁ・・・

 

小さい頃から単独行動が多く、離れた場所でひとり納得するまで帰ってこないので”職人肌”と呼んでいた

突き詰めるタイプだが俊敏さにかけ”コロ”はいつしか”トロ”とも呼ばれるようになった

群れるのが嫌いなのにじつは甘えん坊で、いつもすり寄ってくる

抱っこすると気持ちよさそうで、ときどき寝入ってしまうのがコロだった

 

だから今日も・・・僕に1羽だけすり寄ってきたがために起きた不運な事故だった・・・思いだしたくもない・・・

入院して手術、3日後ぐらいに連絡がくるという

失敗して死ぬ確率?勿論ありますよ、でも最善は尽くしますから・・・

僕の帰りがけ、あのおとなしいコロが騒いだ

待ち受けているのはどんな運命だろう・・・

 

少し前にびっこをひいていたのはスズだった

やんちゃで強くてほれぼれするようなフォルムをもつスズに僕は憧れを抱いている

だからその日夕方畑から帰った僕はその姿を見て大ショックだった

 

竹林や藪地を含む100坪ほどのスペースで放し飼いされている鶏達

いったい日中何をして過ごしているのか

目の前に狐が徘徊しているようなところ

だから6羽の鶏の身に何があってもおかしくないとは頭ではわかっているのだが・・・

 

スズはたくましいからその時もびっこひきながらも他のやつらを蹴散らしていたが、もしもスズを失うと僕は立ち直れそうにないから医者に連れていきたかった

でも予定が詰まっていたうえ余りにも嫌がるので断念した、明日にしようと

すると翌日嘘のように、いつもの動きで駆け回っていたのだ

 

それはスズだからかもしれない

気力で直ったんだ、と思った

 

・・・・

 

今回のこの骨折は

気力で直るものではない

だけどコロの気力、生命力を信じたい

今現在、まったく環境の違う場所でちゃんと寝ているか 何をしているのか 手術はいつだろう 骨は折れたが心は折れずに前へむかっているだろうか

どんな運命だとしても、鶏生最後の最後まで・・・

 

病院を出ると日没時だった

おそらく、これは直観だが、今日(夕方の)日が伸び始めたのではないだろうか

 

希望が膨らむ日

前方が明るく開け始めるというイメージが生まれてくる

 

2018/12/12 16:53

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暖冬

コメントするカテゴリー: ブログ

師走というのに20℃超え

 

暖かいっていいなぁ

夏涼しい より 冬暖かい

が断然嬉しい

 

なら

信州来るんじゃなかったかな・・・

 

いや

信州で暮らすから嬉しさ倍増なのかな・・・

 

限定セット

コメントするカテゴリー: ブログ

 

白菜が入るようになるとなかなか80サイズの箱に8~10品目を積めるのが難しくなります。

業者さんに多少は目をつぶってもらうことでなんとかやってきたわけですが、この時期は重量がありガサばるものが多く、例えば白菜、キャベツ、大根、ニンジン、葱、イモ類にカボチャ・・・ を一緒に積めるためには100サイズの箱でなければ不可能です。

喜んでいただこうと沢山詰めると、送料が高くなる(140円ほど)ジレンマが生じるのですが・・・送料アップ分をはーるかに超える贅沢セット!!=12月限定でSⅬ(スーパーラージ)セットSR(スーパーレギュラー)セットをお届けしたいと思います。恒例年末3点セット!!もありますしね。

SS(スーパースモール)・・・というと変ですね・・・ZS(贅沢スモール)は80でいけますが、

SⅬ、SRは送料アップですので、これはご要望があれば、ということにしたいと思います。

そして、このブログを見た方限定になりますので、もしかしたら誰も言ってこないかもしれませんが、個別に連絡を取り合ってということもなかなか、なのでそれも致し方ありません。

 

 

 

 

 

冬近い

コメントするカテゴリー: ブログ

 

小松菜とさほど変わらぬ姿で立っていたターサイの葉は

寒くなるにつれ地を這うように横へ広がってゆく

陽光をいっぱいに浴びられるようにフォルムを変えて

お馴染み座布団状のターサイになる

 

 

寒気がやってきて今日は寒さが身に染みた

太陽がありがたい

 

大豆の脱穀は今日のような乾燥した晴天の日なら

あっけないぐらい早く進む

そうでない日と比べてざっと5倍ぐらいの作業速度だろう

 

タイヨウ アリガタイネ

 

 

 

季節限定

コメントするカテゴリー: ブログ

人参の収穫が始まりました

発芽が揃わず心配しましたが、その後持ち直してまずまずの出来になりました

今は葉がまだ青々しているので、そのあいだはなるべく取らずにお送りします

 

うちではこれを細かく刻んでスープやシチュー、カレーやパスタ、チャーハンなどにどさっと入れて食べます

栄養価も高いですし、香りがとてもよくこの時期限定のお楽しみの食べ方です

 

大根の葉もネギの青い葉の部分もできるだけ残すようにしています。

希少価値という意味から、こっちのほうが重要なのかもしれない、と少し思いながら、箱ぎゅう詰めでお届けしています

ご利用いただければ幸いです

 

島立て

コメントするカテゴリー: ブログ

 

”こうじいらず”

美味しい味噌豆

逆さに立てて乾燥させています

島立てというそうです

 

枝豆で採りつくすぐらいの勢いで採ったのに

まだまだかなり残っているので嬉しいです

実りの秋

豊作の喜び

模様替え

2件のコメントカテゴリー: ブログ

もう霜が何度か降りた

木々の落葉もだいぶ進んだ

そして畑はほぼベージュ単色の絨毯が敷きつめられたようだ

そこに野菜が浮かび上がっている感じ

それはスペシャルな野菜

 

 

9月以降草刈りはせず

ただただ生えるに任せていた

 

そのうちに夏草は種を落とし老境にいたり

すっかり柔らかくなった

 

秋に芽を出してきた草ももちろんあるが

霜にやられたりして大抵のものが野菜に負けてしまう

 

そんな今の畑の姿、現象に高揚感が湧く

 

 

なかなかやるな、たくましいなうちの子は!

冬までのわずかの期間だが、目とそして舌を

思いっきり楽しませてもらえる