in our lifes

コメントするカテゴリー: ブログ

夏草や

種蒔き終えて

緩やかに

 

今が旬の

輝く小松菜の緑に寄り添っているように見える

余生はもう争うことはせずゆったりと天寿を全うするだけ

 

若いもんの邪魔はしません、なんて

彼等の若き頃を思い出すと胸が締め付けられるようだ

全く印象が違う

丸くなった 優しくなった

 

 

畑でしていること

 

仕事

生命のドラマを見ている

感動している

自分を投影したりする

 

 

ハードル下げて

コメントするカテゴリー: ブログ

恒例のカボチャ探検、今年はハードルを下げて行った

ひざ下ぐらいに、一気に草刈りしてから

いざスタート

 

 

8割がた

野ネズミか何かに

食われて

 

たー

おそかったかぁ

 

1年ぶり

コメントするカテゴリー: ブログ

 

新たに収穫の最盛期を迎えているのは棗(なつめ)

 

今日はこれにはまっている方からの注文に応えて

3キロほど送った

1年ぶりの注文だった

 

時季になるときっと思いだすのだ

長い1年の四季ののなかで

この時だけ

棗だけで僕とこの方はつながっている

 

こういうのはなんか素敵に感じる

自分が自然の一部であると捉えてもらっている感じがする

存在価値ってこういうことかな

農家のやりがいってきっとこういうところにあるな

 

求める人に

身をもって

提供できる

深い

幸せを

 

柿13年

コメントするカテゴリー: ブログ

ももくり3年かき8年

うちのかきのき13年

 

年々生る実の数は増えてきた

今年は300に届くだろうか

 

さて

ここにいるのもあと半月ぐらいだな

とられて

ほされて

たべられて

しごほめられて

・・・

植えた人の目的を

実をもって果たしてくれるんだ

 

 

 

畑は自然農

コメントするカテゴリー: ブログ

 

っていいう感じが醸し出される

良い季節に入った

 

作物とその他の草が共存している

 

草は種を宿すようになると

そこまで脅威的なエネルギーを持たなくなり

”敵”という感じはしなくなる

 

よく言われるのは

草が虫の住みかになるということ

そして虫の食べ物になるということ

 

多種の草と小松菜等多種の野菜

草も野菜も

けっこうまんべんなく食べられている

食べ物は色々あって

寝床もあって虫も快適でしょうね

 

野菜が

単純に

高密度の生命量のなかで育つ方が

なんか豊かな気がするのです・・・どうでしょう

 

1人でも充分豊かっていう

想像力などはないでしょうし

 

 

感応

みたいなのがある気がする

他者がいて自分がある

そして高みに導かれたりする

 

 

のっぺりしたものではない

深みのある野菜

が育つ圃場であればと思います

 

 

 

コメントするカテゴリー: ブログ

 

豊作だったミディトマト

急に裂果(自家用)が増えた

 

鶏、家族、そして自分用の配分はオレの一存で・・・

畑でのどが渇くと・・・小腹すいたら・・・バクバク今日は30個は食べたかな

夏の疲れにリコピンチャージ